プロとしての家づくり

安心して住める・安全な家へ

 

〜命を守る住まいをつくります。〜
「命を守ること」これこそが住まいの最も大切な役割。だから、地震に対して強いことは基本性能と考えています。
木の特性を熟知し、的確に用いることで、万が一の揺れにしっかり耐え、人の生命や財産を守り抜く強い家を実現します。
避難施設に匹敵する耐震強度を持ち、経年にも強い、“長持ちする”住まいは次の世代への貴重な財産となります。

耐震性
~国が定める耐震の最高基準を標準に~

耐震性を示すものとして、「耐震等級」があります。
これは、建築基準法が定める基準に対しての強さを等級1~3で評価をします。

壁の量や配置のバランスがとても大事。

壁の量を増やしただけでは、耐震等級3を満たすことは無く、バランスよく配置する必要があります。
その為に、壁の偏りのない配置を実現するために、建物の偏心を確認したり、床・屋根の硬さを確認します。
構造計算ソフトを用いて、様々観点からチェックを行い、総合的にバランスが取れた地震に強い建物を計画していきます。
(全棟構造計算を標準)

耐震等級1と耐震等級3の違い

地震を受けた時の違いは一目瞭然。耐震等級3は、地震大国日本に必要不可欠の要素です。

耐震等級1の建物は、揺れに耐える力が弱いため、左右に大きく揺れ、損傷・倒壊を及ぼしやすいです。 一方、耐震等級3の建物は、強さを増した壁・床によって揺れを軽減させ被害を最小限に抑えます。 同じ揺れでも、被害の大きさには雲泥の差が生まれてきます。安心して暮らせる、安全な家を実現するためにも 耐震等級3の住まいを積極的に採用していくことをおすすめしています。

Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.