プロとしての家づくり

家づくりの流れ

 

1.出会い/御打ち合わせ
資料請求 ご興味がありましたらお気軽に「お問い合わせフォーム」よりご連絡下さい。
 
完成見学会 実際に建てられた建物をご覧頂き、弊社の家づくりを体感して下さい。
 
相  談 現在のお住まいにおいての不満や悩み、これからのご要望をお聞かせください。
 
敷地調査 お客様が住まいの建築を予定している敷地を現地調査させて頂き、お客様のライフプランに合った設計を検討させて頂きます。
 
ヒアリング お客様がどのような『住まい』を御検討しているか十分にお聞きします。
 
資金計画 お客様のライフスタイルを変えず、無理のない資金計画のご提案をさせて頂きます。
 
プランニング
詳細仕様決め
ヒアリングと資金計画を基に設計士と、外観・間取り・設備・仕様などを決定します。
 
2.ご検討/御契約/着工準備
詳細御見積 プランニング図と仕様書を基に、建築主体工事と付帯工事の御見積を作成し、提出させて頂きます。
 
地盤調査 軟弱地盤が無いかどうかをしっかりと調査します。地耐力を明らかにしたうえで、基礎の仕様と必要であれば地盤改良を実施致します。
 
実施図面最終確認 お客様の求める『住まい』が予算と共に現実味を帯びた時は、実施図面を作成し最終確認をおこないます。
 
御契約 暦の良い日を選び、建築工事請負契約を締結させて頂きます。
 
建築確認申請 建築に必要な申請書類関係を作成し、諸官庁に提出します。
 
(解体工事) 建て替えの場合は、既存建物を解体し、更地にする作業までを行います。
 
地鎮祭 お客様のご家族の安泰ならびに、工事の安全を祈願する為に行います。また、敷地内に地縄を張り建物の配置確認。近隣住民への挨拶回りも合わせて行います。
 
3.着工/竣工
製材(契約前より) 仕入れた原木の状態を一本一本目利きの職人により活かしながら、必要な寸法に製材していきます。



 
天然乾燥 製材した木材の水分を家づくりに適合する水分(含水率18%以下)まで乾燥させる為、弊社のストックヤードでしっかり天然乾燥させます。
水分が減っていくとともに木がくるい(乾燥に伴うねじれのこと)ます。
 
製材(二度挽き) お客様の新築工事に置いて必要な木材をピックアップするとともに、乾燥に伴ってくるいを生じた木材を再度製材することで適正な材が仕上がります。
 
プレカット 目利きの大工の長年の経験とPCによる的確な構造材の配置をしっかり考慮したうえで、柱・梁・桁など、各部材の繋目の加工を行います。
 
基礎工事 いよいよ着工です。確認した配置で、敷地に最適な基礎を施工していきます。
 
土台敷き 出来上がった基礎に土台を組んで行きます。耐久・防水・防食・白アリなどに強い樹種(檜・桧葉・クリなど)を使用していきます。
 
上棟 一大イベントの工事です。熟練の大工さんが、柱・梁・桁などの構造材を確実に組立、棟上げまでを行います。その日の夕方には上棟式を行い、竣工までの工事の安全は勿論、竣工後も建物が無事であるよう祈願いたします。
 
外廻り工事 屋根の下地から始まり、外壁、バルコニーの工事を順次行っていきます。
 
屋内工事 床・天井・間仕切・敷居・階段等の造作工事、断熱・住設・内装・電気工事等を順次行っていきます。
 
完成 遂に、お客様が望んだマイホームの完成になります。
 
完了検査 社内検査を行うとともに、行政機関による検査を行い、不備等がないか隈なくチェックします。
 
御引き渡し 検査が終了すると、新居の完成状態を隅々までお客様にご確認して頂き、各設備の使用方法ならびに注意点をご説明させて頂きます。
 
アフターサービス 工事を担当させて頂いた現場監督が定期的に点検にお伺いし、不具合がないかチェックします。また、住まいのメンテナンスや増改築の相談も承ります。
Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.