プロとしての家づくり

家づくりを支える人々

 

熟練された技で『住まい』に息吹を宿す
大澤棟梁

この道40年を越す大澤棟梁は、関わるあらゆる人たちへの思いやりを忘れません。
例えば施主様への思いやり。新築の木造住宅や、リフォームで快適な生活を送りたいという思いに応えるため、出来る限り施主様の声を聞いてじっくり形にします。任された以上、一切の妥協も許しません。
また、共に建築現場に携わる職人たちへの思いやりも忘れません。それは、最高の出来を求める時、全ての力が必要だから。それぞれのプロとして家づくりに関わる以上、時に厳しく、時に優しく、接する。それは、施主様へ渡す建物への本気の想いと、これからの家づくりを支えていく、若手の成長の為でもあるのです。
「思いやり」がなければ木造建築の伝統も受け継がれない、と大澤棟梁は考えています。“何事にも思いやりを持った大工”、それが大澤棟梁の考える究極の大工像。今なお、求め続けて日々、家づくりをしています。

日本建築は歴史の積み重ね。伝統を受け継ぐ若き棟梁
中曽祢棟梁

大工の人手不足に悩む現在、親方から『技』を受け継ぎ、今なお技術を高め続けていく若き棟梁。
その『技』は、口で語ることはせず、手掛けた一つ一つの建物が物語っています。
時代と共に建築は変化し『家づくり』を考える人々の思考も変化していく昨今、「伝統として受け継ぐ『技』と、これから新たに取り入れる『技』、双方をしっかり活かしていかなければならない」と語る中曽祢棟梁。
昔ながらの大工の、熱き想いを裡に秘めながらも、多種多様に変化する現在に柔軟性を持って、お客様に最高の『住まい』を手掛けています。

木と対話し、最大限の特徴を生かす匠の技
製材部・工場長 井浦琢也

「野球で例えるなら、1番から9番までまったく同じ打ち方の人はいない。それと同じで木も、全く同じものは存在しない。」
野球経験のある井浦らしい一言。
キャッチャー出身ならではの『相手を見抜く力』は目の前の素材をどのように生かすか考える力へと変えています。
一本の原木から、様々な材料を作り上げるために、一寸一分一厘の世界で製材を行う。木がどんな性格か、製材中の機械の音や感触でも違いが分かると言う。その世界はまさに『匠』の領域。
木材という貴重な自然素材を生かす方法を日々追求しながら、製材に取り組んでいます。

お客様の想像を超える『住まい』を安全かつ確実に形にするプロデューサー
建築部・部長 河島 徹

現場監督。それは、お客様の理想の『住まい』を実現させるプロデューサー。
「施主様にとって、家づくりは一生に一度の買い物。それに携わる以上一切の妥協はしない。」
河島が常日頃、口癖にする言葉です。
その言葉に対しての責任感は、引渡し後のお客様の声からはっきりとわかります。建築中は密にお客様とコミュニケーションをとり、そして頂いたご要望を受け止めながら工事を進めます。引渡し後も定期点検に伺い、お客様の不安や疑問をしっかりと解消していきます。『住まう』人の為に、最高の演出に全力を注ぐ姿勢はまさに『プロデューサー』です。

住まう人の『想い』・『願い』をくみ取り、夢を実現に導くプロ
専務取締役 坂田吉久

建築のプロとしてお客様の住まいづくりに携わるのはもちろん、『一人の人間として、一生に一度の住まい作り』に携わらせていただく姿勢があります。
「『住まい』はその人の生活を支える土台であり、住まいで人生が変化する。住まう人の『想い』・『願い』を考慮しつつ、幸せな人生を歩んでいただけるためのサポートをするのが私の役目。」
話す以上に、行動で示す姿勢は、家づくりの領域を超え、お客様の人生までをも考える坂田の人柄そのものです。

Copyright © Sakata Mokuzai All Rights Reserved.